プレミアリーグの洗礼を浴びるも

 毎試合失点という呪縛からは抜け出せないものの、リーグ屈指の攻撃力がそれをカバー。

 特に前半戦はHinezが怒涛の活躍。Hinezが失速するとResomoto(昨シーズンリーグ得点王)がゴールを量産し、現在中盤に入ってからは、L.Freemanが得点を稼ぎ、得点ランキングの1,2,3位をこの3人で争っている。

 なので、今シーズンはCS(クリーンシート(90分無失点の試合終了))が2しかない(リーグ戦)。

 チャンピオンカップは
 前年準優勝のバルセロナ
 ドイツの雄 ドルトムント
 ロシアの強豪 ゼニト
 とえげついグループにいれられたが、

 Aのバルサに1-2で勝利し、Hでは5-2と攻撃陣が大爆発。

 ドルトムントがバルサとの直接対決を制した為、

 バルサがGLで姿を消した。

 しかし、俺はドルトムントにまったく手だしできず(0-0(A)、0-4(H))、ドルトムントは2位通過を果たした。

 とりあえず決勝トーナメント1回戦には進めたので、後はFAカップ…といいたいところだったが、

 ハルシティに3-3再試合、0-3で負けて、1回戦敗退。

 今年はカップ戦と縁がないや…。

 昨日はマネージャー監督の疲労もピークに達して、体調不良に。

 とにかくFAカップが取れないので、早く取りたい!。それまではプレミアでがんばるぞ。

 Pucialli?だったかな?彼は一流の選手の素質がありますとかるから、FAで獲得したけど、もしかしてピルロの転生選手なのか?(イタリア代表にも選ばれ、昨シーズンのリーグMVP)。

 チェルシーからテリーとA・コールの転生選手と思われる2選手を獲得。

 選手の可能性については、チーム編成→チームレポートで確認できる。

 また、チームスターに関しては、チーム編成画面に行くと確認することが可能だ。

 現在プレミアリーグはいつのまにか2位まであがっていた、首位と勝ち点4差の2位。

 チェルシーと直接対決残っていたので、そこは叩きたい。

コメント

非公開コメント

とりあえず~

今んとこ無敗で10月下旬まで到着。
ユーベとのH&Aが一番熱かったぜ!!

そしてウチのチームは☆2でした。
もっと強くなってるかと思ったんだけどなぁ…

No title

>ぴぎさん

 その戦力らへんだと、ユーべとかやるのは熱そうだね。

 うちも評価は☆4.5でも順位予想だと15位とかだから、いまいちその☆にふさわしい評価されてるんのか謎。

 ただ選手は伸びてる。

 特にイタリア人のセンターハーフがよく伸びる。

 絶対にピルロの転生だとおもうんだけどなぁ。今86まで伸びた。

 後は、うちで引退した選手が転生してユースになりましたよ(60→54だからあんまり変わってない。)