イングランド-イタリア

 緊張感があってすごいいい試合だったと思います。

 イングランドは終盤の終盤に盛り返したのはイタリアの体力切れの影響でしょう。

 ディアマンティが右サイドですごい利いていて、イタリアにはいないドリブラータイプの選手でしたが、
なんといってもピルロが試合中でもすごかった。

 縦へのパスを何本成功させたかわからないくらい積極的に前を狙っていた。

 今のイタリアを倒すにはピルロをいかに潰して攻撃の起点を止めるかが鍵ですね。

 イングランドはルーニーもコンディション不良。ヤングは攻められまくってお疲れに。

 なんか最初からPK戦でいいやみたいな戦い方してましたな。

 無失点で終わることが出来ましたが、PK戦は内容いい方が勝つとは限らないですが、今回はイタリアの方が内容よかっただけに、イングランドファンには申し訳ないですが、妥当な勝利だったと思います。

 ノチェリーノやモントリーボなど普段セリエをみないから、小粒とか俺もおもってました(イタリア代表)。ただスペイン戦でのジャッケリーニや、イタリア代表の戦い方を見てると、チームとしてまとまっていて、かつ個人的にも能力の高い選手が揃っているということをこの試合で証明した気がします。

 準決勝はどっちも楽しい試合が予想されそうなカードになりました。

 10年ワールドカップのリベンジマッチになるか?

 ポルトガルースペイン
 
 06年ドイツワールドカップのリベンジなるか?

 ドイツーイタリア

 今回はP・ベントがスペインに対して攻めるということをやってくれたら、たぶん打ち合いになると思います。

 後、ワールドカップでポルトガル戦活躍した、ジョレンテのスタメン起用を密かに期待しています。

 ドイツは、ベンダーとシュバイニーで、ピルロを封じにかかると思いますので、イタリア前半が出来よくていつも後半ばてるので、先に点取りたいですね(イタリアは)。

コメント

非公開コメント