フレンドリーで弱腰

 シーズン戦は1試合目相手は途中から崩壊しまして、

 7-0

 次戦は厳しい戦いなるだろうと思ったら、案の定いつものドルトムント(相手もリバポーかよと思ってるかもしれませんがw)。

 2-1
 追いつかれたときはそわそわしたけど、このときの弱腰が後に響く。

・オンラインフレンドリーマッチ

 ヴィエリさんと

 リヨン 2-3 ラッツオ ×
 開始早々の2点が痛かったのと、リヨンの最適解は結局見つからないまま試合終了。

 クロスはたくさんあげれど、点取れないが今日は多い。だからそこからカウンターされる。それが一番やられたのがぴぎさんなんだが・・・。

 サンダーランド 1-0 ラッツオ○
 切り替えて4-3-2-1ってヴィエリさんがばらしてくれたので、なら4-3-3で徹底して、サイド狙いだと作戦変更。しかし、なぜか中央が空くが、ベントナーさんが師匠ぶりを発揮。

 クローゼもポストに1回のシュートで2回あてる神技をひろうしたりもうね・・・w

 お互い外しまくりで、最後はこぼれだま押し込んでなんとか勝利。

 ・ぴぎさんと

 マジョルカ 0-3 レアル・ソシエダ
 ぴぎさんに作戦変更するたびに、フォメ変更されてたなこれw
 そして、カウンター狙われまくって大量失点。

 クロスからの形はなんぼか完璧にやったんだが、いれてくれず・・・。

 厳しい現実を突きつけられた。

 ヴァスコダガマ 2-3 ビジャレアル
 今日のぴぎ氏は切れ切れ、俺がびびってどんどんライン下げてたら、そこを間髪いれずにスルーパス。GKが大当たりしてなかったらジャイアントキリング(チーム的に)されてた・・・。

 この試合はぴぎさんのオフトラに対して、もう少し丁寧に対応しないといけなかったのと(つなぎの意識)、一発を狙いすぎた。それが攻撃を単調にして、相手にボールもたれる原因となって、このざま。

 うーん、厳しい。これで果たして来週はD1挑戦できるのだろうかw

コメント

非公開コメント