ラインタカシ病発症

 いつもどおりとかいわないでくださいね。

 はるさんはシーズン戦とフレンド戦の挑む姿勢が違うかなって話したんですけど、俺シーズン戦の守備ずさんさといったら、こりゃ・・・。

 D2 1シーズン目はポルトしか通用しなかったものの、なんとか勝ち点14を稼ぎ残留。

 しかし、一回流れ悪くなると断ち切れないというか、切り替えられない(特に頭が)。

 0-3になってから開き直って2点とれたりとかあるけど、これはやっぱりだめ。

 基本的にだめなときは

 ・相手先手取られる(先制点)

 ・弱気になる(89分で1失点さでもそわそわあわててる)

 この2点が精神面じゃでかいですな。

 弱気な攻撃で安全に安全につなぎまくってたらそこからのカウンターで失点とかしたり。

 弱気なディフェンスでずるずる下がった上に中央突破されて失点とか。

 失点が増えまくるとこうなると頭のリミッターがはずれて、ラインタカシ病になるのです。

 本来はプレスしやすくするためのライン上げがオフサイドとりにいくようになるともう末期。

 負けが重なると出やすいので、本当に注意が必要ですわ。

 とりあえず、今はいつもD3にもどりましたw

 自分の不振がチームにもふりかかり、今度はD3でポルトが通用しなくなった。

 んで、アトレティコを使い出すと、これがまたなんとかやれてしまう・・・。

 戦力的にはポルトのほうがうえだなぁと感じているのだが。

 現在 D3なんとか残留決めたが、D2に次にいけるのはいつになるのやら・・・。

コメント

非公開コメント