VSフロンターレ(A)

 アントラーズ戦の仲間同士でのいざこざもあり、色々あったセレッソ。

 個人的には、乾は絶賛してた人間なのですが、たしかに、自分に酔うというか、献身的なプレイヤー(前線からのプレス含めて)ではなかったというのが最後の試合で証明されてしまいました。

 技術はすばらしいんだけど、シュートで終わってる気持ちがないのと(レイソル戦でフリーで抜け出したのに、後ろにいるマルチネスにパス)、決定力に課題にあると思うので、ボーフムでもまれてきてくれるといいですね。

 香川はシュートで打ち切るイメージでやってるのがものすごくJSPORTSの解説陣に評価されていたので、2部という厳しい舞台でゴールという結果をバンバン出してくれるといいですね。

 で、セレッソ。

 この試合は、極端に言うと前半セレッソ、後半フロンターレなゲームでした。

 前半はセレッソがよかったというより、フロンターレが中盤でのパスミスが多く、運動量も少なかったため、連動して動けていたセレッソが主導権を握った感じでした。

 ただ、フロンターレは、序盤の小林悠のあの決定機を決めていればぜんぜん違ったと思います。

 最初のCKで中後から清武ヘディングで先制。

 その後、フロンターレのシュートからカウンター、清武が左サイドから中央へドリブル、そして、倉田にスルーパス、それを倉田が決めて0-2。

 この後明らかにセレッソは省エネモードに入り、フロンターレもミスが多く。攻撃が散発していたことで、0点に抑えます。

 しかし、後半はこの試合に勝ちたいという気持ちが強いあまりに、

 2点を守りきりたいという

 気持ちが強くなりすぎ、自陣でボールを支配されて、川崎は2点負けてることもあって相馬監督が積極的に仕掛けていく。大橋の交代直後に、右サイドでの中途半端なクリアを大橋に拾われて、中村憲→田坂のミドルシュート→ジンヒョンセーブも登里に押し込まれる。

 これで1-2。

 TBSの実況や解説陣にさんざん攻めあがれてないといわれていた田坂がこのプレーの前(特に後半)くらいから積極的な攻め上がりが功を奏した。

 セレッソは失点が今シーズン増えていたこと、今節はじまるまでの順位(15位)というのもあってガチがちに引いたが、本来それができるチームではなく、この後も川崎の猛攻にさらされる。

 特にジュニーニョはボールもらえないから下がったのは怖くなかった。が、この男は恐ろしいのは、シャケがやはりSB適正(ポジショニング(CBとの連携やラインでの守り方))がないことを見抜かれ、セレッソから見て、右サイドからバンバン攻め込まれた。

 シャケは頭をつかってプレーしているのはわかったが、攻撃時にはいいものを見せるのだが、守備のときに上本の位置を確認しながら、目の前のボールホルダーにいくのかどうか、それとも中央に残るべきなのかの判断をかなり昨日は迫られていて、攻めのときはシャケの積極性がよくでてたんだけど、ディフェンスになるとまだまだ、高橋のバランス能力には劣るなぁって感じだった。

 昨日の終盤のジュニーニョのミドルもいくのかいかないのか中途半端な判断してる間に、ミドル打たれたので。

 この直後、シャケは藤本と交代しています。

 この日は前節手痛いミスをした、ジンヒョンが当たり日で、小林の最初のシュートを止めたのがでかかったのか、この後も、ミドルをバンバンセーブ。

 この日の収穫は勝った事それだけだけど、

 清武も「後半は消えていた」と素直に反省している謙虚さが彼のいいところだろう。

 ただまぁ、TBSは解説はともかく、実況の人が、「日本代表の」清武といいすぎ。

 飛び級で日本代表入ったのはすごいけど、彼はあくまでも

 今は「セレッソ」の清武です。

 ブームな人を徹底的に持ち上げようとする民法の体制はかわらんのね。

 ただ、セレッソ戦放送してくれたことは感謝します。

 次節大阪ダービーは現地いきますかね(チケットはもうある)。

コメント

非公開コメント