モウリーニョは1年でアディオス?

 まず前置き
 
 ・モウリーニョは非常に聡明
 ・結果(数字を残している)

 FCポルト リーグ優勝2回 カップ優勝1回  ポルトガルスーパー1回優勝
 UFEAカップ 優勝 CL優勝

 チェルシー プレミアリーグ2回 FAカップ(天皇杯(アマチュア含む)1回
 リーグカップ優勝 2回

 インテル イタリアスーパーカップ 1回 セリエA 2回 CL 1回 コッパ・イタリア1回

 マドリー
 コパデルレイ マドリーに21年ぶりに優勝をもたらす。

 今回準決勝がたまたま対バルセロナになりましたが、

 モウリーニョがこれまで過去に選手を守り、敵を攻撃するスタイル(メディア)を通じて。

 していたため、その蓄積が過去の退場や、ぺぺの退場なのでしょう。

 メッシの2点目はDFとMFの怠慢です。ラッサナはイエローもらっててでもとめられたし、

 アルビオルにいたれば、体をあずけにもいかなかった。

 それが、モウリーニョ退席、ぺぺ退場、そして1失点とそれらが混ざり合い、マドリーの選手から戦う気をそいでしまった。

 モウリーニョ監督はマドリーにタイトルをもたらしましたが、サッカー的にはなんの進歩もしてません。

 というのも、C・ロナウド、ディ・マリア、イグアインといったスピードマンに頼るサッカーは個人技はあるのですが、組織力がありません。

 守備はGKとCBがスーパー(カシージャスとカルバーリョ)なので、もってる感じです。

 ぺぺはもともとプレースタイルがあらあらしんでしょう。フィードいいとか高さがあるとかそういったいいところがあるのに、あれで全て台無しにしてる気がします。

 モウリーニョはそれを計算いれて日々調整すべきでした。この日の審判団も過去にモウリーニョが攻撃した審判。

 俺個人の意見とすれば

 モウリーニョのこれまでの自分の振る舞いからこの退席、退場処分を引き起こしたといえる。

 そして、たぶん本人は
 
 イングランドかインテル(或いはイタリアのユベントスの復活?ポルトガル代表はベントでよくなったのでない、あるいは休養?)に復帰したがっている。

 退席した後のふてくされた感じはモウリーニョらしくなかった。

 ああなるとわかってて退席したような気がする。

 もうはもう、マドリー以外のチームでベンチを取り仕切る自分を想定できてると思う。

 ペレス次第だけど、

 モウはたぶん、今シーズン限りでマドリーをさるだろう。

コメント

非公開コメント