サッカーといろいろ思うこと

 前置き 途中からおかしなりまして、めちゃくちゃ長いです。流し読みでも覚悟が必要なくらいかいました。なので、読む人は気楽に。流す人はスクロールして呼んだほうがいいです。

 というか疲れるから読まんほうがいいw

 ブログは自分の考えをだすバショだかr、自分が見返して行動かえるきっかけになればいいのだから

 バイエルン・ミュンヘンがCLでホーム アリアンツアレーナでインテルに逆転負けしたのち試合後のパフォーマンスでインテルの選手に拍手したのは感動的でした。

 自分立場に置き換えると

 俺が セレッソを応援していて、他のチームに2-1から逆転負けして拍手遅れるか?かって考えたらこれ普通にすごいですよ。

 ドイツ人でもバイエルンのあのアリアンツにいたファンは相手を尊重できる誇らしいドイツ人が多数いたんでしょう。とこれだけでも思う。

 シャルケベスト4進出

 ・マガトの遺産
 良い面
 練習の多さからこの時期でもコンディションが良い
 連携不足が当初いなめなかったが、若手を積極採用してきた結果がある(ヘーベデス、いまはでてないけどプレスタンとか、マティップ(インテル戦で貴重なゴールきめたし)

 悪い面
 チームが勝つために、選手の人格を否定していたらしい(WSDの記事より)
 会長と補強の面で折り合いがわるかった。
 全てを自分でやろうとして、ナチスじゃないけど、昔の悪いドイツ人的なところがあったらしい。

 マガト監督のよさを認めた上で指摘するなら、

 今の時代はものがあふれているので、選手は他の監督をしることができる、だから、前時代的なトレーニングで根性はつくけど、そこに感情を無視してたら最後はだめなんかなと。

 マガトさんも元選手だったから、きつさがわかるゆえにあえて、厳しく選手にせっしてるかもしれないけどね。

 だからラフィーニャ(現ジェノア)かな?がクレイジーだみたいなことをマガトにいったんでしょううな。関係ないけどラフィーニャ、ジェノアであってるかすらわからん。

 ソウ考えると先制点とったラウールもすごいけど、うっちーもすごいよ。


 あのエトーですよ。インテルのエトーを抑えてるんですから(失点はCKからだし)。

 シャルケの冒険がここでおわっても絶対意味あるよ。

 来シーズンに向けての貯金じゃないけど、若手が自信を得ているのは大きい。

 でも若手だけじゃ試合にならないのはアーセナルとユナイテッドの勝負強さじゃないけどそれを証明しているね。

 そして、ユナイテッドにはギグス、スコールズ、ファンデルサールがいるように、シャルケにはラウル(他にもいるけど)ような有能なベテランがいる。

 ラウールはたぶんだけど

 ・相手の細かいミスを許さない

 ・試合中はゴールとチームの勝利だけを考えいてる。

 インザーギもそうだけど、たとえ試合にでてなくていいというのは半分本音で半分嘘なんだろうけど、

 今ならあんでふたりすごいかわかるわ。

 客観的に数字だすだけでもいいけど、

 あれだけ注目集める、ビッククラブで何年在籍してたかってだけでもすごいしね(ここは興味ある人だけ調べてね)。

 年棒もすごいだろうし(具体的に走らん)。

 ただ彼らの根底にあるのは謙虚さだろうな 

 相手を挑発することが非とはいわないけど、

 たぶんだよ、極論イブラはマラドーナに匹敵する才能あるけど、

 人間性に問題があるんじゃないかな。

 単純に事件だけあげると

 ・アヤックス→ユベントスの移籍の経緯
 でも、これはモッジもにんじんじゃないけど金で誘ったのも悪い。

 ・アヤックスのころから絶対的な存在としてちやほや(英語で言うspoil(甘やかす、たぶん単語間違ってる)されてんじゃないかな。

 クラブも高く売れるだろうし、

 だからこそだけど、才能のアルラフィーとかとけんかするのもまぁ当然でしょう。

 けんかしないのは人間じゃないしね。おもってることをいうかいわないかでしょう。

 それはおいといて、

 イブラは本当はうちきな少年でなかなか自己主張がうまくできない若者(だった まだ若いけど)なんですよなたぶん。

 だから環境左右されやすい。

 周りが王様を認めてきたから王様とかんがいする。

 イブラがすきなひとはたぶん、こいつは才能があるのになぜ輝かないだとかバルサのときとか感じじゃないかなーって。

 マラドーナも薬物に落ちたことはサッカーファンなら常識でも一般的にはしられていません。

 あのペレですら、下種な話になりますが、下半身に問題あったらしいです。

 人間だれでもいたらないところはある

 でも、謙虚さをうしわなければ

 極論しちゃったら、日本だろうがどこの国にうまれようが

 メッシになれる

 と俺は思ってます。

 メッシはたぶん

 スーパースターなんだけど、気取らない、病気を克服している

 高級とりで、イケメンで、サッカーうまい、

 そりゃやっかみますわ

 でもたぶん、あったら全然オーラーないひととおもいますよ。

 彼もすでに父親失ってますし、前はどこ言っても無理だといいましたが、

 それは、

 彼がバルセロナをもう故郷と思っている

 バルセロナをでないという前提条件をもとにはなしましたが、

 ラウール、インザーギ、ギグスのようなベテランがすごいのは

 共通してみんな謙虚

 なんだけど、その上で当たり前を当たり前にこなす。

 その大切さをより他の選手より教えてくれるから

 自分だけでなく周りにもいい影響与える、

 ラウールはEL行って見たいいってたのが印象的なんですが、

 CL獲ればブンデス何位おわろうとCL出れるけど(色々賛否両論あるが 過去事例として5位で昨年優勝のマドリーが出た時代もあった(CLに))、それはシャルケファン目線なので都合がよすぎるのでおいとく、


 03-04のモナコじゃないですけど、決勝がシャルケーマドリーになったら最高だなぁ。

 すごく感慨深い、マドリーの魂がシャルケの地で躍動してるもんな。

 でもその前にいるのがユナイテッドだよ。

 ここ勝てば優勝確定じゃないけど、チェルシー戦がおわってたけど、すぐに現地でシャルケを視察したファーガソンやっぱすげぇよ。

 サーといわれるだけある。

 わかってることでも、当たり前のことでもそれをやる、しるっていうのはけっこうの人間がやってないけど、

 トッププロ(サッカーやスポーツに限らず)の選手はそれを謙虚に最高峰までもっていく。

 でも、メッシにもきづかなようなことをあなたは知っている。

 人間が一人ひとり存在する意味が底にあると思う。

 批判はブログにある場合は自分の考えに主体性がついているかのきっかけにもなるから、表現はどうあれ、いいことなんだよ。

 世の中に悪いことはひとつもないけど、悪いと思うのは心持次第といういいかたは無責任だけど、苦しくても謙虚に立ち向かえば、物事は開かれる。

 だから、サッカーというものを通じて僕らファンは擬似人生を90分のなかに感じているんだろう。

 まぁ当たり前にしてるけど

 ・車の運転

 すごい情報量を目がうけている。それと危険なものに対する回避運動をする。

 だからのうしんどいねん。

 車の運転あたりまえやないねん。

 18歳まで無理というのもそこじゃないかな(判断能力)
 

 逆に言えば年をとりすぎると他の身体的なものが落ちてくるから、○○歳以上は運転したらいけないともいっていいんだけど、70・80こえても例外的に元気な人はけっこういる。

 俺の例
 ジムに通う めちゃくちゃもりもりのおじいさん(年齢は不明だが)

 しかもそれがけっこういる(違う人)

 今の時代(ゆとり教育世代といわれる若い人からロストジェネレーションまで)は

 ものがあふれすぎていて(特に日本)

 情報の取捨選択ができなくなってきている。

 でも、情報得る機会が過去より多いから迷う

 昔(戦後1945年以降をイメージ)はすべて破壊されて、広島とか長崎とかは、今の地震のところより正直ひどかったとおもうぜ。

 見た目だけで差別されたりとか(はだしのゲン参照)

 そのために生きるという選択肢が仕事であって、

 だから、忍耐力が非常にある。

 けど、新しいものに理解を示せない(100%わかろうとする)。

 だから新しい人(今の若い世代(0~40くらいまで))は新しいことに挑戦できるけど、それにきづくけど、会社の集団性とか、日本の小さなコミュニティー(いわゆる村社会)に満足してしまう。

 でも謙虚に自分を分析すれば、

 ・なぜ今の給料なのか?

 ・なぜ今の位置に自分がいるのか?

 その選択は自分がしている。

 最初かあきらめているというか、

 たぶん色々ビジネス書を読んでいまわかるんだけど、

 本=作者 なんですよね。

 だからこそ、日垣さんの本はなんかいらいらしたのはたぶんアノ人を認められない、認めたくない自分がいたんででしょう(ラクをしないとせいかはでないだったかな)。

 たぶんぜんいでいってるだろうし、ライターは別にいるんだろうけど、

 立ち読みが貧乏くらいからしない

 っていうのは俺が立ち読みしてる側の人間だけど

 経済的にも家での物理的スペースでも本を1日1冊読むとかけっこうなむちゃをおっしゃることにいわかんを感じ。

 日垣さん自身(その本にある)が「つまらないものはよむな」

 ということで売りにだしてますw

 まぁそれはさておき、人間は生きることに余裕が出たから、文明ができて、 娯楽(スポーツも含まれる)ができたんだろうね。

 人間不完全だからこそ生きて完全な人間を目指すけど

 完璧な人間なんて存在しように

 人のいいところを見るか、悪いところに注目するかその着眼点次第で

 人生が変わるような気が最近する。

 批判ばっかりしているはたぶん、物事が悪い方向にいくのは気づく、そのきづきはまずすごいんだけど、
それを自分で消化できなくて共感をもとめるが、反論にあう、俺認められてないやん。

 それが批判をさらに加速させる。

 まぁねぇ、今 暇つぶしにこれ書いてるけど永久に答え出ません。

 いまならこれの意味ちょっとだけわかる

 人間は死んで完成する

 天 18巻 より アカギ シゲルの最後の言葉になるのかな?(本人の中での)

 俺も今鼻が悪くて胸が苦しいけど(別にしぬほどしんどいわけじゃない)、

 こんな当たり前のことに一時間くらいタイプうってる。

 そだけでも俺ってすごいやん。

 でもそれじゃ自慢になる。

 謙虚になるってことは、

 それでもさらに向上しようってことなのかな。

 理屈があるから屁理屈があるみたいかな。

 矛盾してるけど結局人間ってひとつやん。

 その違いを認めるか認めないかで戦争してるだよな。

 人間って愚かだけど、それでも生きる意味があるから生きる。

 そこに感情があるかr怖いけど、感情なくすと矛盾がするけど人間じゃなくなるからね

 まぁこんな感じで最近何の話しても永久にしゃべりそうなんでここできるw

コメント

非公開コメント