この歌たぶん年取ればとるほど泣けるw

・YATTA

 過去にいい歌いっぱいあるんだよ。その中でもこの歌は今聞くと・・・。

 

 俺は被災してないけど、でも、俺も苦しい、みんな苦しいけどがんばろう!

 俺もがんばるから、一緒にがんばろう!

 

大きい文字 ブログは主観性があるかどうか気づかせる場所だったんだな。

 自分の意見が一方的にきづかなくなってるときに別の意見が~方向くれるのが批判であって、

 そこに感情とか、お金とか入るからややこしんだよな。

 とりあえず、ぴぎさんにサッカー好きで代表好きなら

 近いJ1だから あれだけど

 ベガルタを 応援してほしいよ

 でも無理強いはしない

だってさ、岩手県のJFLのチームだってあるように。

 今はただサッカー好きなんですと表現した松だの気持ちがわかるよ。

 あいつはストレートすぎて誤解されやすいタイプなんだって。

 この強制力の無い自発性を今後会社でどうせるか考えよ。

 人のコメントはいってることは正しくても感情がそれを邪魔する。

 羨望のまなざしなら、いい言葉じゃないけどソウ聞こえるじゃん。

 でも羨望とやっかみは同意語だとおれは思う。

 think も 考えだけど、

 十人十色じゃないけど、

 言葉なんてつくればいいんだよ。

 それが時代を表すというか。

 最近のわかいもんはというの理屈

 団塊世代のイメージ

 ・戦後 ものが乏しく いきるという意味でそれを選択するしかできなかった。

 その中でも異端なもの、きづき(英語で言うnotice)ができたひととかが松下さんとだったんだと思う。

 今の世代(10~40)

 ものがあふれすぎて、優先事項を決定できなくなっている。

 社会や一般論を他人の目を気にしすぎて、配慮しすぎて何を考えてるかわからない奴になる。

 コミュニティの概念がすごくかわってる。

 面白いのは仕事仲間と MHP をするところだ。

 昔は 飲み会が MHP だったんだよ。

 コミュニケーションツールといったら邯鄲だけど。

 その過程にいっぱい重いあるから。

 車だってすごい情報処理してる。

 だから、俺はハンブラビにのられるんだよ。

 けど撃墜される恐れもあるけどねw

コメント

非公開コメント