日ごろの行いが悪い

 FIFA11で ディナモ・キエフで

 前半 4-0 で相手マンチェスターUで。

 なんだ普通にしてくれる人だと思ったら切断。

 その後メールで向こうから切断したんですが、

 f○ck su○k p○g 言われたい放題です。

 最近は延長いかないだけで(体力ないんで延長しないんです最近)、げいとかほもとか言われます。

 相手にしなければいいのですが、一応自己主張ということで、最初は It that true (それは本当さ)
 
 とか適当にホモになったんですが。

 よくよく考えるとそれを認めるのはおかしいわけです(よくよく考えなくてもきづけ)。

 無視が一番っていうのは駄目なんです(外人的に)。

 外国の人は自己主張激しい(俺より)人が多いので、言いたい放題いってきます。

 日本外交が弱い理由がまさかこんなことでわかるとは。

 日本は組織とか集団で出るくい打たれる感じで平均的に育ちますが、

 アメリカだと、ディベートの授業とか自分の答えや意見を小学校のときからやらせています。

 そういう意味で自己主張の少ない人が多いんで無視で言いやとなるんです。

 が、だがしかし!

 無用なストレスためんで無視が一番いんだけど、やっぱり外人の本当のことをたまにはメールしてやると思います。

 今英語の勉強してるけど、汚い英語ばかり覚えるよw

 とりあえず、

 it does not matter what your ○○○ is。
来たことある人はいますよね。そう現WWEのロック様の名台詞です。

 ○○○には name や think 等が入り、

 前者の場合は、貴様の名前など関係ナシ!

 後者は考えとなるわけです。

 だから今後は延長してホモとかゲイとか言わたら、

 Situation とか team とかつけてやろうかと思ってます。

 人生には無駄が必要です。

 これは英語の勉強の無駄の一部ですw

 
 落ち着きのない俺は

 Do you not get upset とメールを変えさえると痛いですね。

 たまに意味わかって

 What do you mean ? とか よく使いますね。

 ただ心理衛生上、無視が一番いいけど、それは日本人らしくてやだなw

 ラテンの血がムダをもとめるよ。無用な争いを。

 ああ、そうそう、皮肉よくいうんですけど、皮肉は二重の感情を表現しているので(心で怒って、しゃべりは温和)、あんまりやるとしらないうちにストレスたまるらしいですのでお気をつけて!

 ヴィエリさんことブルーさんへ。

 クリスティアン・ヴィエリ氏がバルサのスカウトになったそうです(FOOT情報)。

 補足
 サッカーでも強豪を倒すことをジャイアントキリングやアップセットといったりしますが、

 upset は 怒るという意味があるみたいです。

 俺はどちらかというとスポーツのupset しか知らんかった。

 The foreigner's self-insistence is intense.

 The Japanese is cowardly though is modest.

 そう私は思いました。

 I think so that.

コメント

非公開コメント