トリガーポイント

 年と共に体は衰えるもんですけど、高校のときから膝にダメージ抱えてた私はいろいろ、

 ・MRIをやったりしたんですけど、結局なにもわからず。

 病院ではただシップくれるだけで終わる。

 その時よくよく診察思い返すと

 医師がひざをさわって、ひざの痛いであろう部分を押して

 ここいたい?ここ痛い?

 って聞いてくるけど、よくよく考えたらおかしなこと、歩いたり、自転車こいだりする中で、

 膝が痛いんだから、診察で急に膝指圧されて、いてぇ!なんてことにはならないとおもうんだが。

 当然いわれるのが

 「さわぐほど痛いのでなければなにもないよ」

 という外科医の返答。

 これが続いたのでさすがに病院やめようとおもって次にいったのが接骨院。

 ひざの皿がまがってるから直しますねといわれて、膝の皿をうごかしもらってたのだが、直ってるのか正直本人がわかってない。

 別に1回300(保険が利いて3割負担)円で

 ひざをあっためたり(血行の流れを促進)

 テーピング

 お灸

 マッサージ

 電気

 といろいろやってくれて、実際その後に運動するとすごい切れがよかった。

 ただ、会社が治る見込みの無いものに保険かけるのはいかがなものかと嫌疑をかけられたので、接骨院も安いのはいいのだが、毎回同じコースだし、おじいちゃんおばあちゃんが、いつも野球の話ばっかしてるのがうるさいし、落ち着けないので、最初間違えていったマッサージ屋に再び戻ることに。

 結局は接骨院でも持続力(膝の痛みに対する)がないので、基本はこれるなら毎日来てくださいといわれたが、時間的にそれは無理。

 で、結局休みの日にいける、マッサージ屋(車で4,50分)に決めて

 現在 そこで針とマッサージ 30分(2700円)を2週間にいっぺんやってもらっている。

 やってもらった直後は本当にひざが軽くなって、スムーズに動くのだが、

 一週間会社言ってるうちにひざがまたひどくなる。

 やっぱり持続しない。

 しかし、そこの先生はいろいろ教えてくれて、もっとも自分が無知だと感じたのが

 ・トリガーポイント

 についてのことだった。

 トリガーポイントは身体の痛い、痛いとおもっている部分(俺の場合膝)、そこが痛みの原因ではなくて、膝は膝からももの部分をクロスして、骨盤に左右それぞれ筋肉がつながっている形になっているので、その支えている筋肉が原因となっている(つまり痛みの原因=銃でいう引き金=トリガーポイント)という考え方らしい。

 で、自分も膝周りのいろいろところを毎回やりかた変えてやってもらってるんですが、

 持続しないのは自分自身も日々やっぱりマッサージをしていないことが原因ではないかと。

 毎日行くのは無理だとそこの先生もいってくれたので、

 お風呂にはいっているとき(血行が良くなっている)にももをマッサージするとか、

 マッサージのやり方とか教えてもらいました。

 今は本を探していますけど(トリガーポイントの)膝は治りにくいらしいです。

 テニスボールをあぐらかいたときに膝の上部部分に練りこませてマッサージしてるんですが、これがけっこう痛い。

 いろいろ試してる最終ですが、腰、肩、それぞれ痛いかたも原因のトリガーポイントが存在すると思うので、一度マッサージ店や最寄の接骨院にいくことをお勧めします。

 ・身体の固い人

 ・緊張しやすいひと

 は特にこりやすいので注意が必要ですので、

 ・日々のストレッチ

 ・日々のマッサージ

 が以外に重要らしいので、僕自身毎日やれてるわけじゃないので、その辺気をつけて、身体がよくなってきたらまた報告したいと思います。

 近所にトリガーポイントについてやっている整体の店があるっぽいので5000円犠牲に言ってみようと思います。

コメント

非公開コメント