考え方がおっさん

 最近の若造が!とかいうのではなく、

 若い人は自分より時間があるのがうらやましい。

 ただその時間を楽しむだけにすごしていると俺みたいにだめな大人になる。

 今からでも十分遅くないのはわかるが、

 学校教育によって保守的な人間に育てあげられた自分をいきなり変えていくことは難しい。

 むしろ若いうちから変革を行うことで人は変えられ安くなるとおもう。

 家、車→負債
 
 俺はおもっきり、親元で生活する人の条件に当てはまる。

 支出 つまり負債しかない。

 給料しか収入が無い

 つまり会社を首になると終わる。

 当たり前のことをなにいってるんだと思われると思う。

 結婚する→二人で住む→家が狭い→大きな家に引っ越す、あるいは買う→子供が生まれる

 →子供のために働く→子供大きくなる→借金ために一生懸命働く→給料が低いと上司あるいは会社(他のものを攻める)

 →そうしてあくせく働いたのに数十年後自分達の老後の金がないことにきづく。

 これがいわゆる「ラットレース」という奴らしい。

 抜け出すことの出来ないレールを一生走る状態のこと。

 本人のやる気だけでなく、知識もいるが、会社からの収入がなくなることを恐れている人が多いのは事実(俺もそうだけど)。

 しかし、これだと一生資産はたまらない。

 中流の人間は負債を資産だと思い込む。

 そして、これがひどいことに給料がどんどんあがればあがるほど(現在はそう簡単にいかないが)、税金を取られる。

 つまり負債が増える。収入が増えれば、なんとかなるという考え方を持っている人はすでに危ない。

 なんとかして資産を増やさないといけない。

 その資産がなんなのかは自分で考えよう。

 俺は失敗を覚悟にいろいろ勉強する予定です。

 ラットレースの人間の典型的な考えかた、つまり保守的人間なので、不安のほうが大きい。

 しかし、その恐怖に負けている人が現実には多く。俺もその一人。

 その恐怖によって、人は年間の半分以上(5,6ヶ月)を税金のために働いている。

 これって馬鹿馬鹿しいとおもいませんか?

コメント

非公開コメント