交代選手ががんばらないジャポン

昨日のオランダ戦。

 岡田監督の戦略は明快。

 0-0でもいいや、あわよくば1-0とカメルーン戦とほぼ同じ考え。

 たったひとつのミスが勝敗をわけたのと、

 オランダ明らかに後半開始早々に点をとれといわれたといわんばかりのギアのいれかた。

 前半で安心させといて、ぐっとペースつかんで、先制点のあとは、手を抜いたまでとはいわないが、日本が攻撃力ないのわかっててかわからんが、気を抜いたような守備したな。

 松井は前半から走りまくってたんで交代はわかるが、

 ・守備しない
 ・走らない
 ・試合後に予定通りの言い訳

 の中村さんをいれた時点で負けたぁ・・・と思った。

 FK要因というなら、前半に1本いれた、本田がいる。

 友人も、日本全国のみんなおもったかもしれないが、なぜ森本じゃないんだ・・・。

 玉田も負けてるのに、ロスタイムにヒールキックして無駄に時間かけせた愚行。

 岡崎はがんばってたんだけど、最後のシュートはスタメンはずされた意地として、枠にもっていかないとだめだった。

 岡崎はかわいそうだが、あれを決めれないところが雑魚専(雑魚専用)といわれてしまうところかもしれない。

 で、やはり日本のGKは世界LVでないことも改めて露呈してしまった。

 川島が大きなミスをおかしたのだ。

 前置きをするが、彼は決定機2個防いだし非常によくやったのだが、あの時間帯での得点はまさにオランダの狙い通りだったといえる。よってあそこでミスをしたことが、決定機2個防いだことより結果論だが、痛手になる。

 川島の動きを見てみると、

 川島からの目線でいうと、右に横っ飛びして、スネイデルのシュートには間に合っていた。

 それを右の外側にはじきだそうとパンチングをしている。

 しかし、握りこんだこぶしの左手側の外側に当てたため、逆サイドにボールは飛びゴールとなった。

 川島はよくやった。本当にそう思う。だからこそもったいないプレー。

 あれは確かにMF、DFがシュート打たしたことが問題だが、GKはひとつのミスが失点につながってしまう。

 ミスの代償が非常に高い。

 川島にはかわいそうだが、あのプレーだけでGKとしては落第点がつけられてしまう。

 オランダはこのあと完全に運動量が落ちた。

 で、交代してフレッシュなはずなのに、おかざけぇ以外はまったくうごけてない。

 中村は特にひどかった。

 ・バックパス連発、中盤の真ん中でとられる始末。岡田監督が起点になるどころか、敵のカウンターの起点になっていた。

 岡ちゃんはもしかしたらだとおもうのだが、ずっとスタメンでつかってきた岡崎、中村あたりには、日本人らしい温情的なものがあるんじゃないかぁ。1試合でもだしてあげようというのが、

 でも、それよりも勝ちに行くなら森本だった・・・。


 次引き分けでもいいんだけど、日本に1点とる力が改めてないことが露呈された今。

 セットプレーによる先制点を期待するしかないだろう。

 しかも次は逆転勝利で勢いにのるデンマーク。

 あでも、運動量、スピード、積極性みて、ボールコントロールがだめとはいわれてましたが、
 
 僕は長友は世界で通用するとおもうので、海外クラブさまどうか彼をとってくださいw

 むしろシャルケ、いまからでも遅くない、内田と長友変えようぜw

コメント

非公開コメント