バレンシア終了のお知らせ

 スペイン筋の情報なんでほぼ間違いないと思います。

 一時代を気づいたバレンシアですが、結末は、ラッツオと同じ道を歩むようです。

 財政難のため、前線の売れどき5選手は放出路線がほぼ確定したようです。

 5選手のうちひとりは大筋きまってるみたいですが、ペップ留任が最低状況なのです。

 スペインでは会長選がからんでくるので、その辺に振り回されることもありるでしょう。

 ビジャはスペイン国内でという話がありました。マドリーはイグアインとベンゼマを放出すべきでしょう。
 
 話はそれますが、カカをいかせるポジションは現在のマドリーではトップ下、セカンドトップしかないので、CFロナウドを頂点に、ロナウド、カカとチーム作るべきです。カカ、ロナウドはあんな金でとってきたんだからだせないでしょうし、イグアインはわかく可能性があるが、エゴイスティックなわりに決定機によくはずすので、ボクはカカと炉ロナウドの2トップをお勧めします。そして、ビジャ移籍を拒んだといわれるカピタンは年齢を考えてもスパーズ移籍は硬いと思います。なので、逆転でビジャ獲得も十分にあるでしょう。というか、ビジャバルサいったらリーが終わるwそれだけの話。

 でバレンシアに話を戻すと、

 前線の5選手とは

 ビジャ → バルサ?
 シルバ → マンチェスターU?
 マタ → 不明
 P・エルナンデス → 不明
 ホアキン → 不明

 ということみたいです。

 ただシルバのユナイテッド入りはユナイテッドにそんな金あるか?というところです。

リバプールのウルトラCしだいですが、クラブ買収、ビジャ、シルバセット購入もありあえるでしょうが、

現実的にはジェラード放出、シルバ、ビジャ獲得じゃないかな。かねないし。

 選手がどこにちらばるかわかりませんが、バレンシアはいったん0からのスタートしなおすべきだと思います。でぃぽるもそこから少しずつ立て直してきますし、彼らがいっきにいなくなれば確かに痛いですが、まだいい選手は残っているので、余裕でリーが残留は狙える戦力はあると思います。

 ドミンゲスとジキッチの2トップ、ビセンテ、バネガ、アルベルダの中盤、一番の売りの守備陣、アレクシス、ブルーノ、マテュー、デアルベルト、セサール、もじゃ。

 いつか彼らは売らなければならない選手だったんです。だからもう一度バレンシアが復活するためにその糧になってもらうしかないです。ただ確かにバレンシアーのからすれば、マタ、ビジャは外様といえるけど、シルバだけは放出してほしくないだろうな。パブロも

コメント

非公開コメント