EURO観戦記~スペイン4-1ロシア~

 スペイン 想像以上にひどかった。
 ロシア なぜかスペイン以上につなぐサッカーを目指して高さをいかさずまさに自滅だった。

 2年前のWカップと同じ、東欧勢に4得点の快勝だが、試合ではほころびも目立った。

 序盤得点はいってからもそうですが、1-0間までは正直どっちに転ぶかわからずいい試合でした。

 ロシアはすばやいチェックからSBの18番(ジルコフ)のいる左サイドからよく攻めれていたと思います。

 スペインはイニエスタがすばやいチェックで潰され得意のパスワークはあぶなかったですね。

 ただそれでも前半20分に得点がうまれる。

 相手のボールをカットしそのままダイレクトでカプデビラがトーレスへスルーパス、トレースがそれをうまくPA内まで運び、最後は走りこんだビジャにアシストで1点目。

 トーレスのスピードをいかすには速い攻撃しかないんですがそれがうまくいった形でした。序盤からショートパスが多く点が入る気がまったくしなかったんですが、これで流れが変わりました。

 この直後にロシアは右サイドを突破しクロスがPA真ん中付近で17番の選手がシュート、これが惜しくもポスト直撃でスペインは難を逃れる。

 試合が決定づいたのは前半終了間際。カウンターからカプデビラ→イニエスタ→ビジャとつないで2-0。時間帯がよかっただけにロシアにとっては痛恨の失点だったと思います。

 後半開始早々スペインは2点リードからか受身にまわってロシアに攻められる。ここらへんに集中力の欠如、守備がやっぱりへぼいなというところがうかがえる。

 そして後半8分くらいにトーレスとセスク交代。4-1-4-1にシステム変更。

 その後S・カルソラを投入。

 ロシアのプレスの甘くなり、スペインに徐々にチャンスにうまれはじめ、またしても中盤でカットからすばやく前線につないでセスクのダイレクトパスからまたしてもビジャでハットトリック。

 これで完全に終わったと思ったら、ここからスペインは悪癖が出る。

 守備が完全に集中力散漫でパスミス、ファアルなど余計なプレーがではじめる。

 そしてCKからパブリチェンコに決められ3-1。

 その後終了間際にオフサイドくらいセスク代表初ゴールで試合を締めた。

 ☆この試合から見えたスペインの不安点
 ・後半の守備の仕方(集中力の欠如)
 ・攻めあがるSBのケア(そこを前半よく使われていた)
 ・S・ラモスの不調(パスミス、守備ミスのオンパレード)
 ・両SBの守備の不安
 ・プレス、チェックの甘さ(前半からロシアにより前を向かせていた)
 ・トーレス生かすため、逆襲を取り入れる(これは1点目にできてましたがショートパスがあまりにも多いので)

 個人的にS・カソルラさんはよかったと思います。すごい速いですし、そしてなにより元気。
 カウンターの起点にもなってましたし、ロシアが疲れるところにあんな選手いれらるのはいやでしょうな。

 しかし、こんな守備したら間違いなくスウェーデンにはやられてしまいそう。

 打ち合いになれば今は攻撃的なギリシャには勝てるはず。

 ただ決勝トーナメントでこの守備してら確実に負ける。

 オランダとは違い大勝だが、優勝候補には単純に挙げられない勝利でした。

 ただ勝ち点3はでかいですけどね。

 スペインは昔からかしらないけど多すぎるショートパスは美しくないと思う。

 形的に1点目のスピード、3点目の細かいつなぎからのゴールは美しいと思う。
 そして2点目はスペインらしいテクニックが出てたと思う。

 明日は開催国の命運かかってますが俺は寝そうだ。りりさん託した。

コメント

非公開コメント

確かにスペインは磐石ではないですね。
結果が良すぎた感じですよね。
遅攻ができないのは、やっぱ欠点ですよね。
イニエスタのドリからのスルーパスと
ビジャの飛び出しはバッチリでしたね~。

ひとまわりして
オランダ、ポルトガルがよくみえましたw

>かずーさん
 次に勝てば(スウェーデン)、いいですけど、分たら4年前を思い出す。

 ただスペイントーレスとビジャははじめてみましたけどけっこういい。あの時間帯からセスクいれたことで指揮官に迷いを感じてしまった。(2トップかクアトロフゴーネスか) シルバのプレーみたのはじめてでしたけど、4-5-1にしてつなげまくってせめようにも中盤だけあんだけボール失ってれば2トップでカプデビラ起点なった得点みたいに、早い攻撃で2トップでボールを渡すしかないですね。

 ただまぁいい点からいえば徐々に調子上げてくれるほうが、好ましいです。

 だんだん下降していく例もありますので・・・。

 ただポルトガルはベスト4くらいまではいきそうだな。

 スイスが終ってしまった・・・。

 今日勝ってドイツに勝つ そんな奇跡があるのか?オーストリア。