日本代表とスペイン代表

 まぁ最近90分通しで試合見てない俺が言うのもなんですが、

 セルティックであれだけすごいシュート打てたり、セルティックで躍動感を感じるセルティック中村俊輔。

 アーセナルでパスサッカーの中心にいるセスク、リバプールでチームを牽引するストライカートーレス。

 彼ら3人に共通することはなにか。

 代表で結果が出せないまたは代表では別人になる

 個人的にその理由として、彼らは舞台設定はちがえど英国系リーグでプレーしている。

 英国系のリーグといえば縦への速い展開で素人目で見ても、決定機が多く、単純に楽しいといえる。
 それと代表での不振がどうあるのかというと。

 スペインも日本もスタイルとしては、パスを回して崩そうという考え方、つまり縦へのスピードが決定的に不足している。

 特に日本代表の試合を見られているみなさんならよく解ると思うのだが、横パスの多さが全体的なスピードへの損失となっている。だからといってロングボール一辺倒でいいのかというわけでもないですが、どっちにしろスペイン代表も横パスが多い(ただそこの精度やスピードが高いので日本代表よりましにみえるのだが)、決定力がない点で日本と同じ理由なのはそこだと思われる。

 要するに、代表とリーグ(クラブ)でのサッカースタイルの違いが、上記3選手に輝きを失っている原因だと思われるのだ。

 代表の方が正直連携や、方向性を合わせることが難しく、ましてやスタイルを見出すことなどすごく労力がいる作業だ。

 クラブで結果だしたジーコ、クラブで結果を出すエリクソン、彼らは時間をかけることで、自分の色を出せる監督といえるだろう。

 つまり代表で結果出すということはクラブとは別の問題が多く起因して難しいということになる。

 イタリア代表がなぜか結果をだせるのかというのは良くも悪くもリーグが勝ち負けしかサポーターが求めないことがいえるだろう。だから守備を重視する戦術をとり、スペースも少なく、中盤での潰しあいが多い→だから見てる側としてはつまらないのだが、守り方はひとつの守備ブロックとして守ってたり、追い込み方も組織的だったりと守備が戦術(約束事)として多く成立しているので、玄人目には色々勉強になるリーグではないのかと思う。そしてそこに勝てる方法、勝てる文化が詰まっていると思われる。

 つまり70年代のブラジルように、美しく勝つことは非常に難しくなっている。

 それがもし、次のEUROまたはワールドカップで実現することができるならば、それは偉大な功績といえよう。

 話がそれすぎですが、とりあえず結論としては、

 代表がスタイルを確立しない限り、上記3選手は輝かないだろう。

 僕もどっちかというと選手が試合するので選手が悪いように見えいたのだが、それ以前に日本は、まだ自分達のスタイルすら確立できてなくて、トルシエ→ジーコとやるサッカーを極端に変えたことから混乱が起きていると思われる。なので、協会の監督選びにも問題があったのではないかといまさらながら思ってしまう。

 代表監督しては、トルシエが日本で一番結果だしてるんですよね。

 コンフェデ 準優勝
 U-20ワールドカップ 準優勝
 W杯 ベスト16
 ワールドカップに関しては監督が別の人だったらもっといってたよなんて意見も多かったと思うのですが、この結果みると改めてトルシエという監督のスタイルと日本のスタイルそれが一致してたんじゃないかナーと思われるのですがどうでしょう?

 日本人監督でもいいのですが、ヨーロッパの組織と規律を重んじて走る組織的なサッカーこそ日本に向いてるんじゃないかととも思います。

 メキシコと日本が体格とかよく似てるので、そのサッカーやればいいじゃんとおもったんですが、日本の文化、メンタルを考えると、やっぱり欧州のサッカーから色々とりいれた方がいいんじゃないかなーとも思います(無論過去にクラマー氏、オフと氏など欧州出身の監督の影響を受けていますが)。

 PS.マリオカート150CC苦戦中、ぴぎさん買おうぜ!そしてのっくさんに青甲羅当てようぜw


 最後に各選手のクラブでのプレーを見てお別れです。

 中村俊輔
 

 トーレス居残り練習
 

 トーレスゴール
 
 彼の特徴であるスピードとテクニックを生かしたゴール。

 セスク
 

 中盤での組み立てからゴールまで

 日本人で一番好きな人(今現在)
 
  
 このゴール、ボールをもらうまでの動きすばらしい!そして、ゴールそのものも。

 

 

コメント

非公開コメント

150CCいきましたか!。
おらぁまだ100CC全部カップとってないすわ><。
しかしあの青トゲゾーは許せんw!!

トルシエは結構好きですよ。
結果はだしてきましたから・・・。
ジーコサッカーは日本人が実現するには
程遠い高いレベルなんでしょうね。まぁ、ネ申なんでw
フェネルの躍進を見るとある程度技術がないと
実現できないことを証明したような気がします。

スペインも代表レベルでは結果でませんね。
人種的な問題もあるんでしょうが・・・
まとまりがないのは、お家芸になってる感があります。
トーレスがプレミアであれだけゴールするとは思ってませんでしたw
リーガを90分見れないので・・・・。
フルでトーレス見るようになってかなり好きになりましたw
更にムラがなくなれば、超一流に仲間になる気がします。
セスクはもうアーセナルの核ですから、いうまでもないっすね。
イニエスタ、セスク、ボージャン、ラモス、シルバと若いのも
いるわけですから、ユーロ頑張ってほしいですw

>のっくさん
 これだけ書いてそっちにコメントするとわw

 着眼点がすごいなw

 150ccまだ3カップしか優勝してねぇ・・・。すごい競るので、最後の1週で落ちたりするとこれまた悲劇だし、ラストで赤と青の甲羅連発されると萎えるw

>かずーさん
 ジーコに関してはそういわざるをえないですねw日本人が下手すぎたと。
 クラブだとブラジル人とれるからみんなジーコ崇拝してますし、そういったことも影響したのかとおもいます。

 スペイン代表は長年みてますが正直シュートうってても決定力はほんとに低いです。日本代表より攻めれるから点ははいりますが、毎度のことですがCB(プジョールのパートナー)とSBには問題を抱えています。
 カプデビラは攻撃は光ますが、守備が・・・。S・ラモスも同様ですねぇ。両サイドバックが攻撃的すぎるのでCBとボランチには負担が増えます。

 後、決定力不足をなくす根本的解決方法ではないですが、ラウールとモロが召集されないのであれば、ビジャ、トーレスの新世代2トップで行くべき。
 これで点をとって→中盤(FW1枚交代)厚みかけてキープしつつ攻める。

 ウイイレのあれじゃないですけど。ビジャを左WG気味にして、トップ下にシルバ、右にイニエスタ、CMFセスク、もう一人をバランス考えてセナにするか、攻撃的にシャビにいくかってところじゃないですかねぇ。
 
 がベストだとおもうんだけどねぇ・・・。

見入ってしまった…

コレ結構考えさせられる記事だが、
俺もトルシエは良かったと思うよ。
日本に合ってたと思う。
采配は微妙だけとね・・・^^;

マリオカートやりたいんだけど、Wiiは実家なのよねw

実にやりたい!かいたい!勝負したい!

今の俺で通用するかは疑問ですがw

まいど、こないだ行ったル・マンの試合しましたが(もちろんTVでw)松井の2ゴールは、良かったですね~是非、代表に呼んでほしい選手なんですが・・・俊輔より^^;

>ぴぎさん
 トルシエさんははやくも沖縄から逃げたみたいで、150で苦戦する俺なんかで相手になるのか?w

 ゲーセン版ウイイレはちなみに、2006と一緒で、自分のチームつくりながら全国+香港さんと対戦していくみたいな感じです。

 くそーまだミラーがでねーぜw

>533さん
 松井の1点目もすごいですけど、彼のいいところはゴールまでの動き。もらい方が非常にうまいとおもいます。外に流れたり、中に入っていって外つかってりとか、正直いってオフザボールは日本のFWも見習ってほしいんですがねぇ。

第17節

マジョルカ 1-3 レヴァンテ

得点者
ウェボ(マジョルカ)
サヴィオ(レヴァンテ)
ヘイホ(レヴァンテ)

おわった・・・