FC2ブログ

勝利が最高の良薬

第5節にて初勝利。

 選手に疲れの色が見えた、内容も完敗。しかし勝利した。
 今シーズン勝利がないなかで、この勝利は非常に大きい。

 湘南は前からどんどん人数をかけてプレスをかけて、セレッソは得点をあげた直後、杉本の2点目まで、常にごてごてだった。
 4-4-2の弊害で、中盤があくことが多いので、そこをすごく使われていた。
 オスマルは高身長で足元がうまく、守備がうまいいい選手だが、近くのパスが多く、ソウザより展開力もないので、前の上りも含めたダイナミックさ、このあたりは違うと感じた。スタートから出すより、守備固めで使ってならしていくのがベストかなと現状は思いました。ただ韓国でやってたので、アジアの経験あるのでACLではうまく使ってほしいです。

 ヤンは得点を決めてすごく体をはってくれてよかったんですけど、プレスが柿谷よりも甘いので(けっこうさぼる)、最初のスタートでプレスのかかりが弱くて、そこからやられるというパターンもあって、特に湘南の同点ゴールはクロス上げた石川選手が完全にフリーだったので、たぶんだめと思ったらいいシュートだったんですけど、案の定やられた。

 ヤンはユンが我慢して使ってるので、去年の杉本パターンを期待しますが、その杉本は本当にこの試合1プレーで決めました。こんなに頼りになる選手に去年からなってるんですけど、改めて、その前の杉本を知っているセレッソサポは多いと思うので、驚きました。

 この勝利をきっかけに次の済州戦で勝利して、広州戦をなんとかして(引き分けでも)、そしたらGL抜けれると思うので、こっからまた積み重ねでがんばっていきましょう。

 現在のセレッソの問題点は
 ・セルフジャッジ(審判・相手任せ)
 ・相手のプレスに押されて攻撃の方向が後ろ向き(バックパスが多い)
 ・4-4-2の中盤を相手に使われる
 ・DFラインの低さ
 ・怪我人の多さ
 ・パスのずれ(相手が走っているのに、後ろ目にパスがいってスプリントが無駄になる(特に両SBが))

 今年初めて、5バック(去年の必勝パターン)みれたのはよかったです。ただここまで、正直内容的には、相手の方が常にいいですね。ただ去年はセットプレーから内容が悪くても勝ち点拾ってきたので、そういうセットプレーとるためにはシュートを打つ、つまりは前でプレーする必要があるので、全体的にラインを少しだけ押し上げる必要がありますし、横パスだけで相手がプレスのかけどころを読みやすいということをするだけではなくて、縦にいれる、裏に抜ける、連動して動く、このあたりの組み合わせを状況にあわせて選手が判断していくようになれれば前でプレーできて、アタッキングサードでシュートが打てるのではないかと思います。

 課題は多いので逆に言えば少しでも改善すればまた上が見えてくるので、残留に向けてとりあえずは地道に勝ち点を重ねてほしいです。

コメント

非公開コメント