凄惨な事件が多いけど

 リスクマネージメント、本人だけじゃないけど、重要だなと思った。

 この間のシンガーソングライターの成人女性の事件と、沖縄の軍人の暴行殺人事件。

 この二つに関しては、いろいろと思うところがある。

 まず、1つめ。仕事がら、ファンがついたりするのは仕方ないにせよ。顔が出るというリスクの表面化が1つめの事件のキーの気がする。

 公に(ネットやステージ)顔を出すことで、実際に会うことで、確かにファンができたり応援したりする人もいると思う。すべてが悪いとは言わないが、その偶像を勝手にそれぞれの中で肥大化させたり、思い込みによる考え方の方よりだったり、要はそういった社会ではまれな人間だけど、一部には必ず存在する。そういった悪い人間に見つかってしまったのが被害者の運のつきといえる。

 ただ、単純に偶発的に起きたというよりは、顔だしたりする、活動することによって、そのリスクが多少なりとも上がったといえる。運のつきとは言ったが、人を殺すのは、個人的には、想像の中ではいくらでもしていいが、実際にするのは人間としてだめだ。

 普通仮にやってしまったとしても、1か所刺したら、ああやってしまったと、後悔と罪の意識でそれ以上は、止まるだろうけど、20か所も刺している時点で、完全に思考が普通とはずれているといわれても仕方ないというかそれを通り越しているレベルにある。

 この1つめの事件から思うことは、犯人は確かに非道で許すことはできない。

 が、同時に、顔を公の場にだすリスク、自分という存在が知られることで、こうした最悪のケースに巻き込まれる場合があるというのを、ネットで活動されている方は気を付けていただきたい。

 ネットで簡単にだれでも有名人になれる世の中になった今、顔出すことで、本来さけられるはずだったリスクに遭遇してしまう可能性が多くなってしまうのと、本当に有名になれたり、社会的に成功するのはごく一部で、ほとんどが、日の目を浴びずに終わってしまうことを考えた方がいいかもしれない。もちろん夢を追って今も目標に向かってる人は苦してくも、やり続けられるのでその人はそれはそれでOKです。ただ、中途半端にあいまいな気持ち(人気になれるとか、注目されるとか)だけで活動を始めている人は、やめた方がいいだろう。

 子供をだしに動画をつくっている親の方は、一度真剣に考えてほしい。

 その子供がたとえ人気が出て、本人が「今」やりたいといっていても、将来の就職試験の時だったり、将来のその子自身の人生の時に、与えるダメージは大きいからだ。将来を見据えた長期的な目線で、やっていてもらわないと、知らなうちにその子まで人生を奪われてしまいかねない。

 話はそれたが、今回の事件に関しては、本当に悲しいし、被害女性の方は本当にひどい目にあったと思う。

 ただ、ストーカー規制法の制限で警察を責めることは基本的には難しい、すべてのストーカー案件をかかわれるほどは人はいないという現状がある。その時には、女性警官をもっと相談役に起用して、女性目線の対策を助言したりするポジションに置いたり、法律そのものがまだまだ不備なんだったら、改正するとか、そっちの解決策しか思いつかない。
 自分は今回の件で、その場にいても、自分だったら、彼女を助けられなかったかもしれない。凶器をもった、恐ろしい人間相手に立ち向かえたかどうか正直わからない。事後に救急車を通報するくらいしか自分にはできなかったかもしれない。

 沖縄の事件

 こちらも犯人が相当ひどい。
 いらいらしてたから暴行する相手を探していた、麻薬常習者だった。

 どちらの事件も、被害者は重症あるいは死亡と悲惨な結果になっているが、犯人は、罪はあるものの、生きている。

 沖縄は基地問題と絡めて報道する姿勢が多いが、その問題と今回の件は切り離して考えた方がいいと思う。

 基地をなくした後の対案なしで、基地反対だけ言っているのは疑問符がつくからだ。

 女性を暴行し死亡させた、この元軍人の罪は重い。それをどうするか、起きてしまった以上はそういった将来の事を考えるしかできないと思う。

 起きたことは許せないことだけど、被害者女性のことの思うなら、一人の人間として、彼を許せなかった。だったこうした事件が起きないように、、軍人、および軍のあり方をどうするかという議論に持っていく方がいいと思う。

 個人的に基地問題と話いれるなら、日本に軍を認めるしかないと思います。これは中国が東シナ海で暴れ回ってるのが大きいし。
仮にそうなったとしても、日本人でも恐ろしい人は、ごくわずかながらに存在するので、自分がそれに巻き込まれることは絶対にないなんて言えないし、ましてや知らず知らずのうちに自分がそうなってしまうかもしれませんからね(それは友人の知人がアムウェイを(本人は善意でやっているが)やっていたってところから来ていますが)。

 でも、何があっても人だけは殺したくないです。
 それは絶対やってはいけないと思うんです。

コメント

非公開コメント