仮面ライダー剣 BD BOX1 10話~16話まで

Disc2は 7話~11話まで収録(→訂正)
Disc3は12話~16話まで収録。

特典映像は、天野(橘)さんと粟田(小夜子)さんのインタビュー
         北条(睦月)君と望(宮沢)さんのインタビュー
予告PR おそらく12話、14話、15話、16話あたり?
ジャンクション

それでは感想行きます。

この6話のうち前半の5話は完全に良くも悪くも橘が主役です。

第10話「操られた戦士」
 橘さんが敵の手におち、なぞの海藻の力で、恐怖心を克服します。

 仁はなんか、好きになれないんだよなぁ。

 ゼブラアンデッドをギャレンが封印。

第11話「各々の居場所」
 ずっと勘違いしていたのが、♠の9のMACH、見た目だけで、完全に猿のアンデッドなのに、なぜこいつがマッハなのか不思議でしょうがなかったが、単純にこのアンデッドはジャガーアンデッドでした。

 マッハであってますね。単純に私の思い違いでした。

 主人公をバイクで引く先輩ってなかなかいないよな。
 その後、攻撃できない後輩をぼこぼこに殴る先輩もいないよな。
 そのことを迷いなく行える橘さん。

 利用されているとはいえ、
 「やっぱ、橘さんは一流だよな~」
 と剣崎に行ってほしいです。

 とはいっても完全に洗脳されてなかったギャレンは、虎太郎の必死の行動に躊躇し、いらついた伊坂はいったん撤退します。

 そして、ギャレンはまた海藻漬けに・・・。

 この後だったかな、ジャガーをブレイドが封印。

12話「カテゴリーA」
 この回は始がかわいそうっていうかなんていいうか。

 人間に拒絶されまくる。

 助けたのに拒絶を2回もやられる。

 2回目は仁だったから、なんともいえん。

 仁は一方的に兄貴としたって、人間じゃないとわかり、さらに夢をつぶされて、始を拒絶したけど、

 だいだいお前が悪いっておもってしまう・・・。そもそも兄貴替わりと用心棒替わりにしたのお前やんって・・・。

 この前に、カリスがシェルアンデッドを封印。

13話「金色の糸の罠」
 カテゴリーA、伊坂の暗躍。
 橘の闘争心の元の正体。
 いろいろなものがわかってくるこの段階で、レンゲルの適合者である睦月が登場。

 複雑にいままでのいろいろなことがからみあってここらへんからの話は面白いかな。

 ブレイドがライオンアンデッドを封印。睦月制裁用のビートをゲット。

14話「エース封印!」
 個人的には「力の代償」とったところか。

 闘争心を一時的に得た橘だが、そのことによって、小夜子との心の距離は開くばかり、それでもあきらめない彼女は、最後まで橘を追い続けるが、虎太郎のこともあったのわからないが、人間の情が、隙を作ると考えた伊坂は、小夜子を殺すことに。

 橘に対して、純粋で、いちずな彼女の思いは最後まで、かなうことなく死んでしまった。
 そして、久々に見た私は泣いてしまった・・・。

 スパイダーアンデッド(ベルト開いてない)を封印

第15話「運命の適合者」
 これはレンゲルのことをいってるんでしょうけど、この話は
 
 伊坂対橘 以外は頭に入ってこない。

 完全版バーニングディバイドがさく裂。

 小夜子の仇をとった橘だが、アンデッドは不死。そのことを理解した橘の封印はさみしさを感じた・・・。

 ギャレンがピーコックアンデッドを封印。

第16話「レンゲルの力」
 レンゲル初登場で全盛期です。

 パンチ一発、キック一発でカリス、ブレイドをそれぞれ、倒す。

 圧倒的存在感を見せつけました。

 橘さんのライダー引退。
 共に戦えると思った、カリスの心情が読めない。 
 新たなライダーレンゲルの登場。

 伊坂を倒して落ち着き始めつつある戦局はまだ予断の時を許してなかった。

コメント

非公開コメント