あの人はいったいなんだったのか・・・。

・シーズン 46
 スペイン 3-3 レアルマドリード△ 3-1でのロナウドのFKから流れ変わった・・・。 

 フランス 2-1 ミラン〇 チーム差で勝てただけだったかもしれない。

 ドイツ 3-0 レアルマドリード〇

 ベルギー 2-4 マンチェスターU× 
 完敗。2-2になった段階で落ち着いて対応すればよかったのにすぐさま失点を繰り返し惨敗。

 レアルマドリード 4-1 チェルシー〇

 FCバイエルン 1-0 FCバルセロナ〇

 前半ミドル打ちまくりってスペース作って、ロッベン走らせ先制。
 後半は責められまくるも守りきり勝利。

 スペイン 3-0 FCバルセロナ〇
 この人は放置だった。なぜかわからないけど、ずっと放置。怖いので3点は取っておく。
 後はミドルシュートの練習。当然ながら相手何もしないので、33本もシュートを打つ。
 暴言メッセージ来るのかとか、2chにさらされるのか、ある意味で恐怖を最も感じた試合。

 フランス 3-2 チェルシー 〇 
 ロシア人の人ごめん、だけどお互い様だね。激しいラグでかなりきつかった。
 ラミレスに3,4人抜かれたのはお粗末だった・・・。
 
 ドイツ 2-3 レアルマドリード×
 引き分けをカタログで購入し、リーグタイトルを取りにいって惨敗・・・。

 ロナウドに対応できたのが失点後っていう情けなさ・・・。

 3-0から2点入れたのは頑張ったけど、後半丸々残っていながら、追いつけず、惜敗。

 FCバイエルン 2-1 レアルマドリード〇
 またしても先制される。今日はだめな流れかなーと思っていたら、簡単にフライスルーからロッベンさんが決めてくれる。
 後は相手のミスから追加点。そのまま逃げ切り、2-1で勝利。

 7勝1分2敗+1分で、2回目のリーグタイトル獲得。

 シーズンやりまくってたら、ポイントがけっこうたまってたので、カタログをいつも通り有効活用しました。

コメント

非公開コメント